ワキガと人種

ワキガは、別名臭汗症あるいは腋臭症と呼ばれています。
ワキガとはワキの下にある汗腺が原因でそこから異様な臭いを放つ症状の事です。
ワキガ体質の人はワキの皮膚下にあるアポクリン腺という汗腺が活発に働いています。
このアポクリン汗腺の目的は、元々男女の性的アピール、つまりお互いを惹きつけるフェロモンのような働きをするためであったようです。
大昔、人類の祖先がまだ、全身を体毛に包まれていた頃、アポクリン腺は全身に分布していたと言われています。
それが衣服を着るようになって体毛が退化し、今ではワキの下、耳の中の外耳道、乳首、陰部周辺に残すのみとなりました。
また、民族ごとのワキガ体質の比率については、諸説ありますが一般的に黒人が100%、欧米人が70〜90%、日本人が10〜15%、中国人3〜5%といわれ、肉食中心で高カロリー、高脂肪食の食生活であるほどワキガ体質の人の割合が多いようです。
ワキガの原因は、まだはっきり解明されていませんがアポクリン腺の発達度合い、皮脂腺からの分泌物が関係しているといわれています。
アポクリン腺の汗は、ほとんどが水ですがタンパク質や脂質、アンモニア、鉄分、色素などの成分を含んでいます。
posted by 体臭マン at 14:22 | ワキガ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。