汗と体臭

汗には、それほど臭わない汗と体臭につながる臭う汗とがあります。
汗は体温の上昇により、血液からミネラル分と水分が汗腺に送られ取り込まれます。
汗腺に取り込まれた汗は、体に必要なミネラル分は血液に戻し再吸収され水分とわずかな塩分や尿素等が皮膚表面に排出されます。
この汗は皮膚表面を酸性に保ち皮膚常在菌の発生を抑えてくれます。
これが通常の汗でそれほど臭わず体臭につながりません。
一方、汗腺の働きが鈍くなりミネラル分を再吸収せず、そのまま水分と一緒に排出される汗は、アルカリ性に傾き、皮膚常在菌が繁殖しやすくなるのでニオイが強くなり体臭につながりやすくなります。
これは肉中心の食生活や、常にエアコン環境の中にいることで汗腺に老廃物や角質が溜まる事に原因があるといわれています。
汗をかいた時の汗対策としては、まず汗をかいたらそのままにせず、できるだけ早く拭き取りましょう。
汗を拭き取る時は、乾いたタオルよりも濡らしたタオルを絞って拭き取ると水分以外の汗の成分もしっかり処理できるので、皮膚常在菌の繁殖を抑えて気になる汗のニオイを防ぐ事ができます。
タグ:体臭
posted by 体臭マン at 14:24 | 体臭
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。