汗腺、エクリン腺とアポクリン汗腺

汗は全身に無数にある汗腺から出ています。
汗腺にはエクリン腺とアポクリン汗腺の2種類があり、エクリン腺の特徴は口唇やまぶたを除く全身に分布し、皮膚1cu当たり100個以上存在していて、皮膚表面に直接開口する汗腺です。
エクリン腺の汗の成分はほとんどが水で透明な液体です。
わずかに含まれている成分はナトリウムや尿素です。
無菌状態では無臭ですが細菌に分解されると臭い、「エクリン腺」の活性時期は、ほぼ一生の間続きます。
アポクリン腺の特徴はワキの下や耳の中の外耳道、乳首、陰部付近など体の一部に分布し、毛穴と出口を共有する汗腺です。
汗の成分は、ほとんど水ですがタンパク質や脂質などを含み濁った色をしています。
無菌状態では無臭ですが細菌が繁殖しやすく細菌に分解されると臭います。
アポクリン腺は思春期になると活動が活発になり、老年期に衰えて行きます。
アポクリン腺の数が多く、大きく発達しているとワキガ体質の傾向があります。
汗はクサい、汗をかくと周囲に不快感を与えるのでは、生活の中で汗は敬遠されがちです。
では、ヒトはどうして汗をかくのでしょう。
まずエクリン腺の汗は生理的機能を司るもので、暑い時や運動をした時に汗をかく事で気化熱により体温を下げ一定に保ちます。
また、腎臓機能の補助作用や皮膚を乾燥から防ぐ役割をします。
アポクリン腺の汗は体臭の原因となるニオイのある汗を作り出す事です。
その目的は、遠い人類の祖先の時代から受け継いだ異性を惹き付けるための性的アピールと言われています。
タグ:ワキガ 体臭
posted by 体臭マン at 14:29 | ワキガ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。