食生活と体臭の関係

体臭とは、皮膚の表面から無数に開いた汗腺から漏れ出るニオイです。
体臭は国によって、あるいは人種や遺伝などによって様々ですが食生活や健康状態との関係が深いと言われています。
食生活については、例えばインドなど南アジアの人はスパイスの香りがしたり、韓国人はニンニクの香り、海外から来日した外国人は、日本人を醤油の香りがすると言います。
このように、食生活が変われば体臭も国によって変わるようです。
また健康状態と体臭の関係性については例えば、胃腸病にかかると食べたものが胃腸内で異常発酵を起こし、大量に発生したニオイ物質を腸管が吸収して血流に乗って全身に送られます。
肝臓は正常な場合、小腸から吸収して送られてきた栄養素を分別して必要なものは合成して血液中に戻し、有毒な物質を無害な形に変えて体外へ排泄しますが、肝臓の働きが低下すると分別する機能が低下してニオイ物質は、そのまま血流に乗って全身に送られ、肺に送られてくると呼気によって口臭になり、皮膚表面に送られると汗腺を通じて汗と共に排泄されて体臭となります。
体臭が気になる場合は、まず健康状態の確認をしてみましょう。
食事についても、動物性脂肪に偏った食事は体臭の発生を促す要因となります。
タグ:体臭 臭い
posted by 体臭マン at 14:31 | 体臭
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。