食生活と体臭の関係

体臭とは、皮膚の表面から無数に開いた汗腺から漏れ出るニオイです。
体臭は国によって、あるいは人種や遺伝などによって様々ですが食生活や健康状態との関係が深いと言われています。
食生活については、例えばインドなど南アジアの人はスパイスの香りがしたり、韓国人はニンニクの香り、海外から来日した外国人は、日本人を醤油の香りがすると言います。
このように、食生活が変われば体臭も国によって変わるようです。
また健康状態と体臭の関係性については例えば、胃腸病にかかると食べたものが胃腸内で異常発酵を起こし、大量に発生したニオイ物質を腸管が吸収して血流に乗って全身に送られます。
肝臓は正常な場合、小腸から吸収して送られてきた栄養素を分別して必要なものは合成して血液中に戻し、有毒な物質を無害な形に変えて体外へ排泄しますが、肝臓の働きが低下すると分別する機能が低下してニオイ物質は、そのまま血流に乗って全身に送られ、肺に送られてくると呼気によって口臭になり、皮膚表面に送られると汗腺を通じて汗と共に排泄されて体臭となります。
体臭が気になる場合は、まず健康状態の確認をしてみましょう。
食事についても、動物性脂肪に偏った食事は体臭の発生を促す要因となります。
タグ:体臭 臭い
posted by 体臭マン at 14:31 | 体臭

汗と体臭

汗には、それほど臭わない汗と体臭につながる臭う汗とがあります。
汗は体温の上昇により、血液からミネラル分と水分が汗腺に送られ取り込まれます。
汗腺に取り込まれた汗は、体に必要なミネラル分は血液に戻し再吸収され水分とわずかな塩分や尿素等が皮膚表面に排出されます。
この汗は皮膚表面を酸性に保ち皮膚常在菌の発生を抑えてくれます。
これが通常の汗でそれほど臭わず体臭につながりません。
一方、汗腺の働きが鈍くなりミネラル分を再吸収せず、そのまま水分と一緒に排出される汗は、アルカリ性に傾き、皮膚常在菌が繁殖しやすくなるのでニオイが強くなり体臭につながりやすくなります。
これは肉中心の食生活や、常にエアコン環境の中にいることで汗腺に老廃物や角質が溜まる事に原因があるといわれています。
汗をかいた時の汗対策としては、まず汗をかいたらそのままにせず、できるだけ早く拭き取りましょう。
汗を拭き取る時は、乾いたタオルよりも濡らしたタオルを絞って拭き取ると水分以外の汗の成分もしっかり処理できるので、皮膚常在菌の繁殖を抑えて気になる汗のニオイを防ぐ事ができます。
タグ:体臭
posted by 体臭マン at 14:24 | 体臭

加齢臭予防のポイント

加齢臭予防のポイントは活性酸素を抑える事です。
体内に取り込まれた酸素は一部が活性酸素となります。
空気中の酸素はO2で安定していますが活性酸素は、マイナスの電子を持っているため不安定で、自分が安定するために、プラスの電子を持つものと反応しようとします。
すると相手の電子は引っこ抜かれダメージを受けてしまいます。
活性酸素は体内に侵入してくるウイルスや細菌、カビなどを退治してくれる良い役割もしますが必要以上に増えてくると正常な細胞や細胞膜、DNAにも攻撃をしかけて破壊してしまいます。
こうして様々な病気を誘発したり症状を悪化させたりします。活性酸素の増加は、体臭にも影響します。
ヒトの体の細胞膜は脂肪酸でできていて、また皮脂腺の中にも脂肪酸はたくさんあります。
活性酸素は脂肪酸と反応して電子を奪う性質があります。
電子を奪われた脂肪酸は過酸化脂質となって今度は他の脂肪から電子を奪うという連鎖が繰り返されます。
加齢臭の原因物資である、ノネナールは活性酸素が皮脂腺中のパルミトオレイン酸という脂肪酸を酸化分解してできたものです。
したがって加齢臭を抑える一つのポイントとしては、この活性酸素を抑える事であり、そのような働きをする物質を抗酸化物質と言います。
タグ:体臭
posted by 体臭マン at 14:13 | 体臭

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。